Classic Japan Rally 2017

開催趣旨

1920年代から50年代にかけて、イタリア国内1600kmを走破する公道レース「ミッレミリア」が開催されたことにより、
ヨーロッパ各国は国の威信をかけて、より速い車を作るために最先端の技術をスポーツカーに注ぎました。
その恩恵は車だけでなく近代工業生産技術の向上に多面的に貢献することとなり、
ヨーロッパの人々にとっての自動車文化は輝かしい近代史の1ページとして
現代においても老若男女問わず大切に継承されています。

日本においても高度成長期を経て、ヨーロッパの自動車文化に触れた多くの先人達によって
世界でも貴重な数多くのクラシックカーが輸入され、オーナー、メカニック、板金職人によって大切に維持されてきました。

日本人にとって自動車文化の歴史は短いものですが、「古いものを大切にする」という共通の価値観と伝統的な匠の技術が融合され、
80年以上前に生産されたクラシックカーを1000kmを越える長距離公道ラリーにおいても
一般車と同等に走れる状態にメンテナンスできる環境が作られてきました。

しかし、現代において「ものを修理する」技術を継承することは難しくなっています。
歴史的な建造物と同じようにクラシックカーも歴史的な重要な文化遺産であることは間違いありません。
次の世代を担う子供たちにクラシックカーに触れ、エンジン音を体感してもらうことで、
美しいものへの憧れと、維持するための技術への興味を持ってもらい、
日本の技術を支えてきた「職人」への尊敬心を育む機会となるよう、
自治体、ロータリークラブ、そして多くのクラシックカーを愛する友人たちとともに作り上げていきたいと考えます。

classic car images classic car images classic car images
地図
葉山より海越しに富士山を望む

国道134号線は横須賀を始点とし、三浦市、葉山町、逗子市、鎌倉市を経由し大磯町まで続く、
神奈川県で最も海風を感じることのできる国道の一つです。
日本とアメリカの文化が融合した国際港湾都市である横須賀市は、小網代の森や大楠山、立石海岸など、豊かな自然を楽しめます。
また、相模湾に面し、江の島、富士山が一望できる葉山は、
「日本の渚・百選」に選ばれた美しい海岸線と緑豊かな山々が四季折々の風情で私たちの目を楽しませてくれます。
空気が澄み、息をのむほど美しい富士山が現れる12月のRoute134。
きらめく陽光の中、あなたのクラシックカーとともに駆け抜けてみませんか。

ルート公開までしばらくお待ちください
葉山のイメージ

実施概要

名   称 Classic Japan Rally 2017 R134
(クラシックジャパンラリー2017 R134)
開 催 場 所 横須賀市/三浦市/葉山町/逗子市/鎌倉市
開 催 日 程 2017年12月2日(土) 1日間
表 彰 式 12月2日(土)
参 加 台 数 50台
参加資格車 ・ 1919年~1972年までにヨーロッパメーカーにて生産されたスポーツタイプ車輌
・ 主催者が承認した車輌
・ レプリカモデルの参加は認めない
・ 自動車登録番号標を有し、自動車検査証の有効期間を有する車輌
・ 1939年までの車輌は、イベント期間において優先的な誘導を提供する
・ ミッレミリア参加資格車種を優先する
競 技 方 法 ・ ルートマップ上のチェックポイント認証による公道走行(スタンプシート)
・ 100分の1秒で計測する基準タイム走行(PC競技)
参 加 費 1台(2名) 70,000円(税込)
< 上記参加費に含まれるもの(すべて2名分)>

・ 食事代[昼食・パーティーの計2食]
・ 表彰セレモニー&フェアウェルパーティー
・ 記念品ほか

主   催 IM:PRES:SION(株式会社インプレッション)
特 別 協 賛 Rotaryロゴ  葉山ロータリークラブ
後   援 神奈川県/横須賀市/横須賀集客促進実行委員会/葉山町/葉山元町商店会
運 営 協 力 NASC
前   泊 前・後泊につきましては、エントリー受付開始時にご案内させていただきます。

エントリー方法

エントリーは、本WEBサイト上のエントリーフォームより受付予定です。
当イベントは、事前の書類発送はいたしませんのでご注意ください。
エントリー受付開始までしばらくお待ちください。

エントリーフォーム受付開始2017年10月2日(月) 12:00
IMPS J-CAR